• ホーム
  • ビデオ
  • FusionDirector:フルライフサイクルのセキュリティと信頼性

    FusionDirector:フルライフサイクルのセキュリティと信頼性

    FusionDirector:フルライフサイクルのセキュリティと信頼性

    2021-09-16 閲覧 1945

    "ネットワークとデータセンターの急速な発展に伴い、データセンターの中核となるサーバーは、さまざまな内部または外部のセキュリティリスクに直面しています。xFusionは、サーバー設計時にハードウェアとファームウェアのセキュリティを十分に考慮して、サーバーの機密性、整合性と可用性、およびライフサイクルにわたるハードウェアインフラストラクチャのセキュリティを確保します。

    ファームウェアセキュリティは、ハードウェアプラットフォームセキュリティで基本的な役割を果たしています。ファームウェアのセキュリティを確保するために、xFusionサーバーは、チップレベルのルートオブトラスト(RoT)に基づいて、システムの起動時およびアップグレード時にファームウェアのデジタル署名を検証して、悪意を持って改ざんされたファームウェアが起動およびロードされることを防止します。xFusionサーバーのファームウェアは、ファームウェア回復力標準のNIST SP 800-193に準拠しています。実行中のファームウェアが改ざんされたことをチップレベルのRoTが検出した直後に、ファームウェアが最後の正常起動時の状態に復元されます。

    大規模なデータ収集、共有と交換、頻繁なデータ漏えい、および定期的なデータ攻撃により、xFusionサーバーは、データのフルライフサイクル管理の要件に基づいて、安全な暗号アルゴリズムを採用し、機密データを暗号化して保存します。また、安全な通信プロトコルを使用して、データ転送のセキュリティを確保します。そのほか、xFusionサーバーは、すべてのハードディスクのデータを完全に消去することにより、情報漏えいを防止し、ライフサイクルにわたってデータセキュリティを確保します。"

    分かち合う